新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、Fab-coreでは当面の間以下のような取り組みを行います。
ご不便をお掛けしますが、感染防止へのご理解・ご協力をお願いいたします。
 
| 利用人数の制限
-入館は機器利用・研修受講・相談対応を予約された方のみとさせていただきます。
-施設利用人数は一回の予約につき1組2名までに制限しています。
 
| 換気
-入口を常時開放し、施設内の空気循環を常時行っています。
 
| ソーシャルディスタンス
-利用者間やスタッフとの間隔を常に2メートル程度とっていただくようご協力ください。
 
| 利用者の皆様へのお願い
-ご来館の際はマスクの着用にご協力ください。
-万一感染等が発生した場合に迅速に情報提供するため、入館時に「岐阜県感染警戒QRシステム」へのメールアドレスの登録にご協力ください。
-入館時に体温の計測と体調の確認していますのでご協力ください。
-ご利用に際して、必ず石鹸による手洗い、必要時に手指の消毒をお願いいたします。
-着座される際は、対面を避けるようお願いします。
 
| 以下の場合、来館をご遠慮ください
-37.5℃以上の発熱、軽度であっても咳・喉の痛みなど風邪の症状のある方。
-過去2週間以内に発熱・咳の症状があり、医療機関を受診した方。
-過去2週間以内に海外渡航歴がある方。
 
| スタッフの対応
-スタッフのマスク着用・手洗い・手指の消毒などの徹底に努めます。
-勤務前の検温と体調確認をしています。
-ソーシャルディスタンス確保のため、接客時のお客様と一定距離の確保に努めます。
-共用機器・設備を利用後に消毒しています。
-開館時にドアノブ、テーブル、椅子等、接触の可能性のある箇所を消毒しています。

2020-07-07 

6月中は、利用前の検温、手洗い(またはアルコール消毒)など新型コロナウィルス感染拡大防止へのご協力いただきありがとうございました。7月も引き続き、対策を行います。

ご利用に関して、ご質問をいただいたのですが、高精細3Dプリンタの利用中には他の機器の予約は可能です。(高精細3Dプリンタは稼働時間が長く、利用者が側にいる必要はないので)
(7/2追記)高精細3Dプリンタも他の機器と同じ解釈となりました。高精細3Dプリンタの利用中は他の機器の利用、予約はできません。

ただし、レーザー加工機と切削加工機、簡易3Dプリンタ、及び研修の予約が入っている時間は他の機器利用のご予約はできませんのでご了承ください。
また、7月からこれまで紙に書いていただいていた利用申込書を(上記の写真のように)電子化しまして、iPadから入力していただくことになります。6月は紙と併用していたのですが、7月からはiPad入力(もしくはPCからの入力)に以降いたしますのでこちらもご協力お願いします。

それでは、7月の予定です。

機器利用は、月曜日〜金曜日の10:00~17:00
機器利用の方はこちらからご予約ください。

研修は、木曜日です。

レーザー加工機導入研修:7月3日(木)、16日(木)いずれも10時〜12時

切削加工機導入研修:7月30日(木)10時〜12時

 

どうしても研修の日程に都合があわない方はご連絡いただければ、別の日に開催することも可能です。学校や企業などの団体での研修、体験なども受け付けておりますので、お問い合わせください。

また、レーザー加工機のための初心者向けIllustrator入門、3DプリンタのためのFusion360初級は随時開催です。

研修の受講料は3000円です。お申し込みはこちらのページからできます。
高精細3Dプリンタ研修3Dスキャナ研修も随時開催です。

2020-06-29 

5月26日、政府から日本版接触確認アプリに関しての資料が発表されました。自分のスマートフォンにインストールすることで直近2週間でCOVID-19陽性者との接触を検知できるアプリです。
このアプリは4月にAppleとGoogleから発表された機能を利用したもので、2つの企業が協力することで、全世界統一したシステムで機能が提供されることになります。
今回は「アップル、グーグルが神になる日」の著者で、エンジニアの上原昭宏氏をお迎えして、この接触確認アプリのしくみを解説して頂きながら、Apple・GoogleなどITサービスのインフラ部分を担う企業の戦略や可能性に関して議論できたらと思います。
 
日 時:2020年6月12日(金) 20:00-21:30
 
ゲスト:上原昭宏氏(合同会社わふう 代表)
著書「「アップル、グーグルが神になる日~ハードウェアはなぜゴミなのか?~」
https://www.amazon.co.jp/dp/B00VW7ZFPA/
 
参加費:無料

参加方法:
Zoom(オンラインミーティングツール)を利用したオンライン開催です。
以下のサイトからお申し込み下さい。登録するとメールが配信されますので、当日になりましたらメールにあるURLからご参加ください
https://bit.ly/2XOUsMU
カメラやマイク無しでもご参加頂けます。
 
上原昭宏氏(合同会社わふう 代表)
2000年デジタルカメラメーカでのASIC開発を経て2002年から生体埋植デバイスの研究開発に従事。博士(工学)。
2012年、合同会社わふう代表社員。
—————–
参考リンク:
・政府CIOポータル https://cio.go.jp/node/2613
・AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力 https://apple.co/2MkxNCz

2020-06-05 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、Fab-coreは5月31日(日)まで臨時休館しておりましたが、6月1日(月)より以下のサービスを再開します。(予約受付は6月1日から可能です。)

 

再開にあたり、以下のように施設の使用を制限しております。
感染防止にご理解をいただき、ご協力をお願いいたします。
 

利用可能なサービスは、各種機器利用、研修受講、相談対応で、いずれも事前に予約が必要です。
 
機器利用・研修受講・相談対応はこちらから予約してください。一般の見学はご遠慮いただいております。予約できるのは1回(時間あたり)1組、1組は2人までとしています。
(例:レーザー加工機利用中は他の機器の利用は不可)
 
来場に当たり以下のことをお願いしております。
1.マスクの着用をお願いします。
2.機器使用の前に手洗いをお願いします。
3.利用者同士、スタッフとの接触の際は2m以上の距離を保つよう心掛けください。
4.入館の際は体温測定等を実施します。

5 .機器利用時間は2時間まででお願いします。(延長利用は不可)

2020-05-29 

ファブコアの「ものづくり相談」をオンライン対応します。対面相談と同じように相談フォームから申し込んで頂ければ、のちほど日程とZoom(別のシステムが良ければお知らせ下さい)のURLを返信致します。

 

当面オンラインでは無料枠の最初の1回のみの対応を予定しています。

 

ものづくり相談について詳しくは「初めての方に 〜ものづくり相談」をご覧ください。

2020-05-11 

ファブコアカフェ・オンライン[vol.1]
「COVID-19時代の戦略を考える」を5月15日(金)に開催します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響の中、厳しい状況に立たされている企業も多いと思います。こういった状況の中でこそ自社のリソースを見つめ直し、今までとは違った対応や対策を新しいメリットとする発想が重要ではないでしょうか。
ファブコアカフェは今回Zoomを使用しオンラインで開催し、COVID-19にうまく対応している事例を紹介します。また医療用フェイスシールドとエアロゾルボックス(飛沫飛散防止ボックス)をいち早く開発・販売して話題の株式会社キュリオの高橋代表をゲストにお迎えして、実際のプロジェクトの詳細や裏側をお聞きする予定です。

 

日 時:2020年5月15日(金)20:00-21:30
・COVID-19に対応した商品・サービスについて
・ゲストトーク
・質疑応答など

ゲスト:株式会社キュリオ 代表取締役 高橋陽介氏

参加方法:
Zoom(オンラインミーティングツール)を利用したオンライン開催です。
下記Googleフォームから参加申し込みをお願いします。申し込み頂いたメールアドレス宛に後ほど参加方法のご案内をお送りいたします。
https://forms.gle/hF3ZhCp5Px7RRqjg6

参加:無料

(注)Zoom:オンライン会議サービス(https://zoom.us/jp-jp/)ユーザ登録など無しで参加できる。カメラやマイクが無くても視聴のみも可能。

2020-05-08 

ページ 1 / 42