—FileMaker(ファイルメーカー)を例にデータベースアプリケーションの可能性を考える—

image

今回はデータベースアプリケーション「FileMaker」の特集です。FileMakerをメインでビジネスをしているワークスペースの岡田様をゲストに、先日行われたFileMakerカンファレンスのお話と共に、FileMakerを例にデータベースを中心とたシステムの可能性に関して議論が出来たらと思います。

当初パーソナル向けに登場したデータベースアプリケーションでしたが、年々進化し、現在はクラウドがメインになり大規模なシステムにも耐えられる商品になりました。Webを通じてセンサーともアクセスできるので制作しやすいデータベース環境+IoTという、いろいろな分野で使いやすい製品に進化しています。

ファブコアカフェ+(プラス)では、ゲストを招きデモや装置のハンズオンを中心により仕事で役立つ情報をお届けしていきたいと思っています。

開催日時:2018年12月14日(金)18:30~19:30(開場は20:00まで)

場所:岐阜県大垣市 ソフトピアジャパン地区 ドリームコア1F ものづくり空間Fab-core

主催:Fab-core

参加費:無料

予約:不要

2018-11-29  #news

ものづくりをされているFab-core利用者の方々を紹介していく企画。第2回。(第1回目の記事はこちら

毎日、いろんなモノづくりをされている方がFab-coreにやってきて、機器を利用しています。しかし、Fab-coreの機器だけで全て完成してしまうことはほぼなくて、Fab-coreがスタッフが見ているのはいつも出来上がり前の途中の段階。皆さんFab-coreで加工したものを持ち帰り、さらに手を加えて完成品を作っていらっしゃいます。写真などで完成したものを後日見せてもらうと、工夫次第で素敵な商品に変わっていて驚かされます。

そんな、利用者の方々を訪問し、どういう風に商品が生まれていくのか見に行きたいと思います。

第2回目は大垣市に本社がある有限会社早野研工さんの養老工場にお邪魔しました。

早野研工さんは金属加工を専門に行っている企業です。Fab-coreではレーザー加工機を使ってウレタンのスポンジの加工をされています。金属加工をされている企業なのに、なぜウレタンなのでしょう?

それは、金属で作った麻雀牌と将棋の駒を販売されていて、そのパッケージの緩衝材としてウレタンを使っているのです!

image

(写真:有限会社早野研工 金の牌 金メッキの麻雀牌。Fab-coreでは、この牌をぴったり収めるためのウレタンの加工に利用されています)

金属でできた金ピカの麻雀牌を作って販売しているというのも面白いですけれど、早野研工さんのウェブサイトをみると、ファイバーレーザー、金属加工という文字があって、とても気になっていました。

Fab-coreのレーザー加工機では金属は加工できないのです。しかし、「金属が加工ができないのか?」という問い合わせは度々あります。金属加工ができるファイバーレーザーってどういうものなのか、どうして金属の麻雀牌を作っているのか、興味が尽きないので会社訪問してお話を伺うことになりました。

Fab-coreを実際に利用している総務の早野さんにお話を伺いました。

ファブコア(以下F):本日は、お時間いただきありがとうございます。早野研工さんは、今年初めからご利用いただき、数ヶ月単位で定期的に利用していただいているのですが、Fab-coreを利用したきっかけというか、そもそもFab-coreのことはどうやって知りましたか?

早野さん(以下H):商工会でチラシをもらって知ったと思います。

F:この記事をご覧の方は早野研工さんをご存知ない方もいらっしゃると思いますので、どういうお仕事されている会社なのか教えていただけますでしょうか。

image

(写真左上:叩き出し、板金加工など、右上:ファイバーレーザーで加工したもの、左下:溶接して作ったウクレレ。継ぎ目がわからない!、右下:開発中のペット用品)

H:当社では、車のトランクに使われるヒンジの試作や新幹線、電車、建設機械の重機などの金属部品の試作や、量産を行なっています。一般の方がよく目にするわかりやすいところですと、オーディオケースや消火器Box,スチール家具やスーパーのレジカウンターも作っています。

鉄だけでなく、アルミやステンレス、真鍮や銅の加工もできますし、もともと試作品を作っていた会社なので、CADでの設計から加工まで幅広い技術を持っています。多品種少量で数十個単位の小ロットの加工も対応できます。

F:ホームページを見させていただいたのですが、カードゲームのカウンターといったニッチなものも作っていらっしゃいますよね。それは、どういうところから始まったのですか。

image

(写真:金属でできたカードゲーム用カウンター)

H:以前は依頼されたものを作ることが多かったのですが、リーマンショックをきっかけに、新しいもの作りにも挑戦しています。毎年出展する展示会のために、技術力を身近なもので表現できないかと社員のアイデアから作り始めました。

image

(写真:金属製の将棋の駒と麻雀牌)

例えば、この麻雀牌や将棋の駒も展示するためだけに作ったのですが、どこで買えるのかという声をたくさんいただいたので、当社のHPで販売することになりました。

F:主な業務は、BtoBだと思うのですが、金属の将棋の駒のようにコンシューマー向けビジネスも考えていらっしゃるという事でしょうか?

H:製造が主な会社ですので、販売やデザインは苦手なのですが、自社で新しい商品を開発、BtoCにも力を入れていきたいと思っています。

また、どこでも人手不足が問題ですが、ニッチなモノづくりをしていると就職説明会で自分のアイデアが形になる、というアピールをすることでモノづくりに興味のある人が集まって来てくれます。

image

(写真左:上ファイバーレーザー、下CO2レーザーの違い。写真右:ファイバーレーザーでここまで細かくカットできる)

H:今年は、会社ができて30年です。先代の社長が太平洋工業から独立し会社を起業しましたが、起業後4年で急逝し、先代社長の息子である現在の社長がまだ24歳の時に会社を引き継ぎました。当時社員もほとんどやめてしまって、10年ほど前までは家族経営のような感じでした。いまでは設備や社員も増え、新しいことにも挑戦しています。これからもモノづくりの魅力を発信する取り組みを続けていきたいです。

F:では、最後にFab-coreにリクエストなどありましたら。

H:発注すると大量に作らないとダメですが、小ロットで自分で手軽に利用できる場所なので助かっています。

お話を伺った後、養老工場を見学させていただきました。

image

(写真:ファイバーレーザ。部屋丸ごと見えている部分が全部がファイバーレーザーの機械。右側の赤いラック部分は材料をセットするところ)

ファイバーレーザーが思った以上に大きくてびっくりしました。データをプログラムして材料をセットしておけば、24H自動で加工してくれます。このファイバーレーザーのお値段は1億円超だそうです!!

image

(写真左上:バリ取り機、右上:3Dレーザー、左下:ファイバーレーザーを前から見たところ、右下:ファイバーレーザー加工の様子)

image

金属加工のサンプルをいただいたので、Fab-coreで展示しています。金属のレーザー加工に興味のある方は手にとって確かめていただけたらと思います。

image

(写真:養老工場外観)

有限会社早野研工

〒503-0965 岐阜県大垣市多芸島1-86-2

http://www.hayanokenko.co.jp 

金メッキの将棋の駒と麻雀牌をご購入になりたい方は、トップページ下のオンライン ショップ欄からそれぞれの販売ページにリンクがあります。

2018-11-28  #news

先週、高校生向けにレーザー加工機と3Dプリンタの体験研修を行いました。写真は、その時に作ったペットボトル用のボトルキャップです。名前をつけて自分のものだとわかりやすくするため、あと硬いキャップを開けやすくするものです。

TinkerCADで簡単に作れて、文字を入れることでオリジナリティが出せて、3Dプリンタでの造形時間が短いということから、この形を作ることに決めました。

通常の導入研修の他にも2時間ほど(人数によります)でデータづくりと加工体験ができる研修も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、12月1日(土)、2日(日)はOgaki Mini Maker Faire2018が開催されます。毎回、Fab-coreはMaker Faire開催時にワークショップなど行っていましたが、今回は、ワークショップの開催、機器利用もいたしませんのでご了承ください。(土日なのでお休みです)

それでは、12月の予定です。

いつも通り機器利用は、火曜日〜金曜日の10:00~17:00。

研修は、木曜日(第1木曜、第2木曜がレーザー、第3木曜が切削)

レーザー加工機導入研修:12月6日(木)、13日(木)10時〜12時

切削加工機導入研修:12月20日(木)10時〜12時  

また、レーザー加工機のための初心者向けIllustrator入門、3DプリンタのためのFusion360初級は随時開催です。月曜日〜金曜日の10時〜17時で好きな時間にお申し込みください。 

研修の受講料は3000円です。お申し込みはこちらのページからできます。 

どうしても研修の日程に都合があわない方はご連絡いただければ、別の日に開催することも可能ですのでお問い合わせください。

高精細3Dプリンタ研修3Dスキャナ研修は随時受付中です。

高精細3Dプリンタ、3Dスキャナは開館日時の月曜日〜金曜日でご利用いただけます。

12月のファブコアカフェは14日(金)に予定しておりますが、また詳細が決まり次第広報します。

2018-11-21  #news

image

ファブコアから見える木々が色づいてきました。もうすぐ11月ですね。

ここで大事なお知らせが一つあります。研修用駐車場は11月も使えるそうです! ただし、12月以降の利用は未定ということでした。

それでは、11月の予定です。

いつも通り機器利用は、火曜日〜金曜日の10:00~17:00。

研修は、木曜日(第2木曜、第4木曜がレーザー、第5木曜が切削)

レーザー加工機導入研修:11月8日(木)、22日(木)10時〜12時

切削加工機導入研修:11月29日(木)10時〜12時  

また、レーザー加工機のための初心者向けIllustrator入門は随時開催です。月曜日〜金曜日の10時〜17時で好きな時間にお申し込みください。 

研修の受講料は3000円です。お申し込みはこちらのページからできます。 

どうしても研修の日程に都合があわない方はご連絡いただければ、別の日に開催することも可能ですのでお問い合わせください。

高精細3Dプリンタ研修3Dスキャナ研修は随時受付中です。

高精細3Dプリンタ、3Dスキャナは開館日時の月曜日〜金曜日でご利用いただけます。

11月のファブコアカフェの内容と日時はまた詳細が決まり次第広報します。

2018-10-24  #news

image

今回のファブコアカフェは、展示会特集です。

10月19日〜20日にソフトピア地区で行われる「ものづくり岐阜テクノフェア」の様子と、10月16日〜19日に幕張メッセで行われる「CEATEC」で取り上げられたコンテンツのレビューが出来たらと思います。
何か話題提供される方も大歓迎です。
また、久しぶりに「あなたの知らないガジェット」も行います。
お近くにお越しの方はぜひご参加下さい。

開催日時:2018年10月26日(金)18:30~19:30(開場は20:00まで)
場所:岐阜県大垣市 ソフトピアジャパン地区 ドリームコア1F ものづくり空間Fab-core
主催:Fab-core
参加費:無料
予約:不要

ファブコアカフェとはソフトピアジャパンドリームコアにあるファブコアで月に1回ファブリケーションやモバイル、新しいツールなどの話題をおしゃべりをしたり、実際に触ってみたりなど様々なアプローチから楽しくFabに親しむイベントです。

2018-10-17  #news

image

簡易3Dプリンタが新しくなり、Cube2からUPmini2に変更になりました。値段は据え置きで1時間370円(税込、材料費込)です。

造形できるサイズがCube2より少し小さい120×120×120(mm)ですが、積層ピッチが0.15mm~0.35mmまで5段階で選べるなど、精度もよく、綺麗に造形できます。

ご利用の際は、予約フォームからご予約ください。

ご利用お待ちしております!

2018-10-12  #news

ページ 2 / 35